ペラサイトでAGAのジャンルでも売上が上がる

ペラサイトの手法でアフィリエイトをやっていて AGA のジャンルでも売上が上がるというような事例を見ました。

 

サイト自体を直接見たわけではないのですが、特に上位表示もしてないのにAGAで売上が発生してきちんと確定もされたということです。

 

ペラサイトでAGAなんて激戦ジャンルでも売り上げがあるということは可能性としてはまだまだあるのかもしれません。

 

 

狙ってないキーワードで売れる可能性はある

 

ペラサイトであったり、一般のサイトでもそうなのですが、必ずしも売れたキーワードが狙っているキーワードで上位表示したキーワードであるとは限りません。
〇〇の販売店ということで、キーワードの二語目を販売店として作っていても、実際には〇〇の別のキーワードで検索して偶然作ったサイトが引っかかるということもあります。

 

また本文にはいろいろなことも書いているかと思いますので、そのキーワードがヒットして偶然引っかかるということもたくさんあるのです。

 

全員がキーワードツールに出てくるような綺麗な2語で検索するわけではありませんし、何度も組み合わせて検索したり、文章で検索するようなケースもあります。

 

ロングテールで制約を狙うというもので、8割の人がビッグワードで検索していようとも、残りの2割の人が限りなくマイナーなキーワードで検索しているのであればそちらの方を取りに行けば十分だということです。ロングテールのキーワードの検索回数はそれぞれが非常に少ないものになりますが、こちらも多くの記事を書いていったり、サイトを大量に量産することによってマイナーキーワードを集め、結果としてビッグワードと同じぐらいのアクセス数をまとめて作っていくということも不可能ではありません。

 

 

薄毛系はニーズの高いジャンル

 

薄毛の関係というのは非常にニーズの高いジャンルになっています。AGAのようなクリニックでの治療系というのもあれば、自宅で育毛する育毛剤というのは大変大きな市場となっています。育毛剤と言ってもさらにジャンルは細かく分かれ、女性用育毛剤のように女性ならではのデリケートな悩みに答えてくれる育毛剤というのもあれば、トリコチロアールのような抜毛症に特化した育毛剤というものもあったりします。

 

育毛剤も人によって合う合わないという要素がかなり大きいものでもあり、色々なタイプの育毛剤が存在することがありその市場というのは限りなく大きいです。

 

そして薄毛というのはコンプレックスを抱きやすいと言うテーマでもあり、それを解決するためであれば大きなお金を支払ってもいいと考える人はたくさんいます。

 

市場が大きくロングテールが大きく取れるジャンルということで、一般的には激戦ちゃんとしてそう簡単に踏み入れるべきジャンルではないということになっていますが、徹底的なロングテール狙いで量産をしていくというのも面白いのかもしれません。

 

 

高い単価であれば件数が少なくてもいい

 

薄毛ジャンルのアフィリエイトに関しては単価が非常に高い傾向があります。クリニックであれば継続的に通うことでかなりの金額を支払うことになりますし、育毛剤であっても一本買って終わりではなく継続的にその商品を買ってくれることを期待できるため、一人当たりの単価というのは非常に大きくなることが影響しています。

 

仮に単価が1万円ぐらいのものがあれば1日1件でも生活できるレベルの収入を得ることができます。1ヶ月に1件しか発生しないようなサイトだとしても、30サイトを作れば毎日発生させることができるようになります。100サイトと作れば、それだけで十分な収益があげられるようになります。

 

あくまでこれは理論上の話であり実際には都合よく月に1回売上が発生してくれるようなことが送る訳ではありません。どこかのサイトに集中してしまうでしょうし、月に一件すら発生しないサイトがたくさん出てくることも考えられます。

 

理論の話であって実際は違うという要素はありますが、考え方としてはこの考え方は正しくて高単価なものをたくさん作っていけばまぐれ当たりが起こり、そのまぐれ当たりも数を作ることによってだんだんとまぐれではなくなっていくということが起こるのです。

 

ひとつこれだというジャンルが出来たら、そのジャンルを徹底的に攻めるというのもありなのかもしれません。

 

 

 

⇒ペラサイトのアフィリエイトは初心者でも稼げるのか?TOPページへ


このページの先頭へ戻る