サジェストワードを狙うべきか狙わないべきか

 

 

商標キーワードを攻める際にサジェストワードを拾うべきか拾わないべきか。そのような議論が出ていることがありました。

 

サジェストワードとは何かの商品名を検索した時に2語目に出てくるようなキーワードです。

 

今はサジェストワードはラッコツールなどのキーワードツールを使えば簡単に調べることができますし、サジェストワードが具体的に検索されているキーワードそのもうになりますので、 そのキーワードでサイトを作ればそれだけアクセスは来て売れる可能性が高まるというようなものになります。

 

そう考えると一般的にはサジェストワードで記事を作った方が得だというような判断になりますね。

 

 

ペラサイトの鉄板はサジェストワード

 

サイトを作る時に複数記事でブログのような運営をしていくのであればいろいろなキーワードを盛り込んでいくことになります。

 

その際にはサジェストワードを入れることは鉄板だとされています。ペラサイトで稼ぐのであればアクセスのないキーワードでサイトを作っても仕方がありません。

 

そしてペラサイトの作り方にもよりますがそのサイトが新規商品で作るのであれば、マイナーなキーワードで作ってもほぼアクセスがないためサジェストワードで作ることが必須となるのです。

 

新規商品出るのはまだほとんど人目に触れていないということで人気もまだ少なく、ほとんど検索される事がありません。すでにたくさん売れているようなメジャーな商品であればマニアックなキーワードで作っても検索で人が来ることがありますがマイナーな新着商品ではそういったことはまずありません。

 

そのため一般的なサジェストワードで作っておいて、アクセスが来るのをひたすら待つというのが正解とされています。サジェストワードで作ってもそれでも実際にアクセスが来るかどうかはわかりません。商品名単体でもアクセスが来るのは厳しいものもあります。ですので実際は賭けということで、この後少しずつ人気が出てきてくれるのか、それともそのまま人気があってないで販売終了になってしまうのか。

 

良い結果が出る方にかけてとりあえず数をたくさん作るということが必要になるのです。

 

 

サジェストワードでは作らないという意見

 

基本的に記事を書く際にはサジェストワードをベースにして作っていた方がアクセスが来るということが言われていますが、それに反する意見としてサジェストワードでは作らないという人たちもいます。

 

なぜサジェストワードで作らないのか。それはサジェストワードはみんなが見ることができて、みんなが作ることになるからということ。

 

簡単にどのキーワードで作ればアクセスが来るかということが分かってしまうと、 ライバルもそのキーワードで作ってきます。そうすると結局は競合状態になり、勝てる人は限られてきてしまいます。

 

そうではなくサジェストワードに出てこないような、マイナーなワード、実際には検索され成約できるようなキーワードで作ることができればライバル不在の状態でずっと売上を上げることができるということになるのです。

 

この話は一理ある話だと思いました。
ただそのようなキーワードがうまく見つかるかどうか、ここが難しいところです。サジェストワードに出ないということはそんなに検索するのが多くないということですし、自己流で下手なキーワードでサイトを作っていくと本当に誰も検索で来ないということにもなりかねません。

 

少なくともこの方法は初心者が行うような方法ではないでしょう。
またペラサイトでもこの方法はかなり運に左右される方法かと思われます。

 

プログであって集客記事が複数あって、別に検索からある程度の記事は来なくてもなんとかなるというような場合にはキーワードを自分で考えたものを入れる、とにかく書きたいと思ったもの、必要だと思ったものを入れるというのもありなのかもしれません。

 

確かにサジェストワードをそのまま作るだけではライバルからも丸わかりということもあり、そのうちライバルサイトが出てきて潰されてしまいます。自分だけのキーワードを見つければ最高ですが、そもそもそんなキーワードは存在するのかというところから始めなければいけませんし、これができる人は相当なレベルの人に限られるのかもしれません。

 

 

 

⇒ペラサイトのアフィリエイトは初心者でも稼げるのか?TOPページへ


このページの先頭へ戻る