ペラサイトに必要な文字数

ペラサイトに必要な文字数は何文字なのか?

 

ペラサイトでアフィリエイトをやっていくときに何文字ぐらい書けばいいのかというのは気になるところかと思います。

 

文字数なんて関係ない説も沢山ありますが大体の目安はないと何文字書けばいいのか迷ってしまいますよね。

 

できれば文字数は少ない方が簡単にサイトを作ることができますし、だからといってせっかく作っても上位表示しないとか、アクセスが全く来ないということになっては意味がありません。

 

本当の答えとしてはやはりキーワード次第というところがあり絶対何文字が正解というものは存在するわけではありません。

 

ですがもう少し丁寧に何文字を書けばいいのかということについて考えてきたいと思います。

 

 

読者に対して答えを返していればいい

 

読者に対して正しい答えを返していれば何文字でも構わないというように主張する人もいます。

 

求められている答えが数十文字で解決するものであれば、それでもいいですし何千文字以上というような長文コンテンツを無理やり作る必要はない。というようにアピールする人もいます。

 

答えを返していれば何文字でもいいというような主張には正直疑問を感じてしまいます。読者が満足するようなことが書いていれば何文字であろうとブログとしては正しいという考え方はあるかもしれません。

 

ですがアフィリエイトで売上を上げる、そしてペラサイトで集客するということを考えるのであれば、極端に少ない文字数というのは現実的に不可能です。

 

そこまで文字数は少なくて上位表示するようなキーワードを普通の人は見つける事が出来ませんし、ライバルがかなりの文字数を書いてきている中、自分だけが少ない文字数でも上位表示出来るなんて都合のいいことはありません。

 

 

500文字、1000文字レベルでは危ない

 

ペラサイトの文字数として500文字というのはかなり危険なレベルになると思われます。

 

まず検索結果にインデックスされるかどうかすらも分かりませんし、もしかすると低品質コンテンツ扱いをされる可能性も出てきます。

 

ペラサイトでなくても500文字の記事が量産されていてそのブログなどが上位表示されているというのを見たことはありますか?おそらく芸能人のブログ等最初から固定ファンがついていてアフィリエイトとは全く違う土壌で戦っているものであったり、個人の日記のアメブロ等収益を考えていないものくらいであり、収益を得るために作られた記事でその程度の量でなんとかなっているものはないはず。

 

(もし見つけたらラッキーですのでそのキーワードで記事を書いてしまいましょう)

 

1000文字であっても、最近はかなり厳しいと感じています。ペラサイトでは論外レベルですし、ブログであっても1000文字の文章を積み重ねてもほぼ上位表示することはありません。

 

検索結果の2ページ以降に存在するページはほぼ見られることがなく、存在していないのと同じようなものです。趣味でブログ等を運営するのであれば何文字であろうとそれは自由ですが、アフィリエイトでお金を稼ごうとする際に1000文字というのは、サイトとしてはかなり弱いものとなってしまうでしょう。

 

 

最低2000文字、通常3000文字以上がスタンダードか

 

現実的にペラサイトを運営していく上での文字数では最低2000文字、 通常3000文字以上がスタンダードかなとは思われます。

 

最低の2000文字というのは、ライバルがほとんどいないようなキーワード、直接の商品名ではないようなずらしキーワードで戦うような場合の文字数です。

 

その商品が売れることが分かったり、時間が経過してライバルが増えてくると2000文字ですらほとんど戦うことができなくなってきてしまいます。

 

案件によっては文字を増やすことが難しいものもあり、そういうものは2000文字ぐらいでもなんとかなることもありますが、基本は3000文字ベースで考えた方がいいでしょう。

 

3000文字程度のコンテンツを作って、ペラサイトとしては極めて普通のレベルであり、これでも文字数としてライバルと比べて有利になったりということは考えにくく、強いライバルが登場するとすぐに負けるレベルです。

 

文字数だけが全てではないというのはもちろんですが、一定のレベルがないと勝負にならないことが増えているというのが現場であると理解した方がいいでしょう。

 

まだアフィリエイトを始めたばかりで文字を書くことに慣れていなかったり、 この数年アフィリエイトをやってなかった人からすると文字数の多さにびっくりしてしまうかもしれません。

 

ライバルの文字数がある程度あるので、こちらも一定量増やさなければいけないというなかなか難しい状態になっています。

 

 

本気で勝負をするのであれば5000文字以上

 

3000文字程度がスタンダードということを言いましたが、本気でペラサイトで勝負をするのであれば実は5000文字以上は欲しいところです。

 

全てのサイトに対して5000文字以上の記事を書くというのは結構難しいことだと思います。ですが本当に力を込めて運営したい案件の場合、記事を一生懸命書いていくと自然と5000文字以上になるということも少なくありません。

 

その商品について詳しく調べれば調べるほど書くための情報というものが出てくるので、一つ一つを網羅的に説明していると自然と5000文字ぐらいは行ってしまうのです。

 

場合によっては、5000文字どころか1万文字前後まで解説が進むということは全くおかしくありません。さすがに1万文字を超えてくると、検索エンジンにとって良い記事なのか、読者にとって良い記事なのかというような問題が出てきます。また、記事をなくすために関係の薄い内容、質の低い内容が増えていくとそれは本末転倒になってしまい、読者の離脱率を上げてしまうことにもなります。

 

このあたりをどう調整するかということは難しいのですが、本気で勝負をしたいのであれば5000文字以上は当たり前であり、読者も冷やかしではなく商品を本気で変えたいという人であれば1万文字ぐらいまではスムーズに読んでくれますし、そうでなくても自分の必要なところを適当に読み飛ばしながら読んでくれたりするものです。

 

1万文字に到達したからその記事は長くてダメだというようなことにはなりません。むしろひとつのページにどれだけ情報を充実させるかということがトレンドとなっているように思われます。

 

 

結局はライバル次第になる

 

ペラサイトの文字数は何文字かということですが大体の基本は決まっているとはいえ最終的にはライバル次第になるというのは間違いありません。

 

作りたいと思うキーワードで調べてライバルがみんな1万文字で書いている中で自分だけ3000文字で勝負することは難しいです。逆にみんなが500文字しか書いていないようなキーワードを見つけられればそこに2000文字書くことで優位になり上位表示する可能性も出てきます。
文字数に決まりはないということはある意味正しくてライバル次第であり、そのライバルを超える文字数で勝負をしていくと勝てる可能性が出てきます。あくまで文字数は上位表示の要素の一部であり、文字数が少なくとも上位表示するサイトもありますが、そのようなサイトは大体権威性があったり、ドメイン全体が強い等何らかの要素があるもの。

 

こちらがペラサイトで勝負をしていくのであれば他にサポートしてくれるような要素はありませんので、文字数で負けていてはほぼ勝ち目はありません。

 

ライバルの文字数よりもかなり多く、また記事内容も客観的に見て負けていないというものを作る必要があるでしょう。

 

 

⇒トップページへ

 

 

・ペラサイトで稼ぎたいならささみサロン


このページの先頭へ戻る